住宅インスペクションとは

住宅インスペクションとは、
建築士の資格をもつ専門の検査員が第三者的な立場で、目視、動作 確認、聞取りなどで「住宅の現状の検査を行うこと」をいいます。実は欧米では不動産売買時に当たり前に行われており、わが国でも平成28年の宅建業法改正などで、広まりつつあるサービスです。
※検査箇所の現況を確認するもので、その住宅に瑕疵がないことや検査完了後に時間経過による変化がないことを保証するものではなく、また建築基準関係法令等への遵法性を判定するものではありません。

既存(中古)住宅の現状が把握できて安心
国が策定したガイドラインに基づいた検査を建築士が実施します。
購入前に住宅の状態を詳細に把握することができるので、安心して購入を決断できます。

リフォームや今後のメンテナンスの計画が立てやすい
検査をすることで補修の必要箇所や劣化状況がわかるので、購入後のリフォーム費用やメンテナンスの実施時期の目安が立てやすくなります。

さらに各種保証をつければ万が一の時にも安心
既存住宅かし保証等の各種保証制度を利用すれば、予期せぬ雨漏り等で損害が発生しても、その補修費用に備えることができます。

お気軽に弊社までお問い合わせ下さい

Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のバナーから無料でダウンロードすることができます。
get_adobe_reader